民間救急とは?

近年、救急車をタクシー代わりに利用する案件が増え、本当に119番救急車を必要とする重症患者様の搬送が遅れてしまい、命を落としてしまうということが増えてきました。そこで、転院やご入院、検査通院、時には新幹線や飛行機などの交通機関を利用した遠方への移動、その他の指定場所への移動など、緊急性のない患者様を搬送する業務が民間救急です。

民間救急と消防救急の違い

民間救急という名称からは、消防救急車のような物という感じを受けますが、その業務内容は全く異なります。主に次のような違いがあります。

要請から数分で到着する消防救急車と大きく違うところは、原則として事前予約が必要ということです。消防救急は病院までの一方通行が原則なのに対し、民間救急では病院から自宅、病院から病院といった搬送にも対応できます。

※ 看護師等の同乗がない場合は、医療法や医師法に触れる医療行為を行うことはでません
※ 搬送中に患者様の容体が急変し、緊急を要する事態になったたときには消防救急車を要請します

民間救急の設備

患者等搬送用の自動車については次のような規定があり、事業者を管轄する消防本部からの認定と指導が必要となっております。

上記の他にも様々な医療資器材を積載し、殺菌消毒などを含め、感染防止の措置をすることなどが義務づけられております。



民間救急の乗務員

患者等搬送では、1台につき乗務員2人以上とすることが義務付けられています。また、乗務員は以下のいずれかに該当する人とされています。

※ 上記適任証には有効期限が定められており、定期的な講習を行っております。

サイトマップ / sitemap