精神病院の入院形態

精神病院及び精神科に入院する際にはいくつかの入院形態があります。

任意入院

精神科病院の管理者は,精神障害者を入院させる場合,本人の同意に基づいた入院が行われるよう努めることとされている。任意入院は,患者本人の同意による入院で,本人の退院要求によって退院することができる。但し,病状によって医師が退院を認めない場合には,最大72時間に限って退院を保留とすることができる。

患者条件特になし
診察医精神保健医非指定でも可
入院命令なし
保護者の同意不要
入院期間特になし

医療保護入院

精神障害者で,医療及び保護のため入院が必要と精神保健指定医によって診断された場合,精神科病院の管理者は,本人の同意がなくても,保護者または扶養義務者の同意があれば,精神科病院に入院させることができる。

患者条件医療と保護が必要とされる
診察医精神保健指定医1名
入院命令病院の管理者
保護者の同意必要
入院期間特になし

措置入院

医療及び保護のために入院させなければ,精神障害者のために自身を傷つけ,または他人を害するおそれがあると,2名の精神保健指定医の診察が一致した場合,都道府県知事・政令指定都市市長の命令により入院させることができる。主に警察の生活安全課や保健所からの依頼による。

患者条件自傷・他傷の恐れ或いはその事実
診察医精神保健指定医2名の合意
入院命令都道府県知事・政令指定都市市長
保護者の同意不要
入院期間特になし

緊急措置入院

措置入院には,2名の精神保健指定医の診察が必要であるが,緊急を要し,指定医2名がそろわないなど手続をとることができない場合がある。このようなとき,1名の精神保健指定医が,精神障害のために自身を傷つけ,または他人を害するおそれが著しいと認めたときは,知事の命令により入院させることができる。 緊急措置入院は72時間に限られるので,改めて2名の指定医により措置入院についての診察が行われることが通例である。

患者条件自傷・他傷の恐れ或いはその事実
診察医精神保健指定医1名
入院命令都道府県知事・政令指定都市市長
保護者の同意不要
入院期間72時間まで

応急保護入院

精神障害者であり,かつ,直ちに入院させなければ,その者の医療及び保護を図る上で著しく支障がある者について,通常の任意入院や医療保護入院,措置入院を行うことができない場合,応急入院指定病院であれば,精神保健指定医の診察を経て,72時間に限り,入院させることができる。

患者条件緊急入院が必要とされる
診察医精神保健指定医1名
入院命令病院の管理者
保護者の同意不要
入院期間72時間まで

ご利用料金

ご利用料金をご覧ください。

サイトマップ / sitemap