アルコール依存症

弊社は茨城県保健福祉部障害福祉課、精神保健福祉及び各市町村保健所、精神障害患者移送指定事業者として委託を受けている精神疾患者搬送の事業者です。弊社では都道府県を問わず、ご家族様では手に負えない患者様の移送を承っております。
どうしても説得に応じなくて困っている、病院に連れて行きたくても連れていけない、今にも自殺しそうで気が気ではないなど、どうすることもできなくて最悪の事態になってしまう前に、何卒弊社にご相談ください。


※お客様の個人情報はプライバシーポリシーに従い、厳重に管理しております。

アルコール依存症とは

アルコール依存症は薬物依存症の一種で、飲酒によるアルコール摂取によって得られる精神的、身体的な作用を求め、自分の意思では飲酒をコントロールできなくなり、止めることもできずに飲酒を繰り返してしまう精神疾患です。患者はアルコールによって自分自身の身体を壊してしまうだけではなく、家族や友人に迷惑をかけたり、様々な事件や事故を引き起こしたりします。これによって徐々に、社会的信用も人間的信用も失っていきます。

以前は慢性アルコール中毒と呼ばれていたもので、本人の意思が弱く、道徳、人間性に問題があるのではないかということで納得されていたが、最近では医学的見地から精神疾患の一つとして治療が薦められています。自分の意志で飲酒をコントロールできなくなる症状を精神的依存、アルコールが抜けてくると調子が悪くなって手足が震えたり、汗をかいたりするようになるのが身体的依存です。これはアルコール依存にかぎらず、他の薬物依存の場合でも同じような特徴を持っています。


なりやすい人

お酒を飲む人の26人に1人がアルコール依存症という統計があります。飲酒人口の多さから精神疾患の中でも患者数が多い。また、体の作りや女性ホルモンなどの影響から男性よりも女性の方がなりやすく、お酒を飲み始めてからアルコール依存症になるまでの期間として、男性で約10年と言われているのに対し、女性では約6年とも言われています。
女性の場合、妊娠中や授乳中に使用する医薬品に制限があるのと同様に、アルコールという薬物への依存も注意が必要です。特に妊娠初期でのアルコール摂取は、他の薬物や医薬品の乱用と同等とされています。


主な症状

本人の意思で好きに飲んでいるように見えるため、患者本人も好きで飲酒していると錯覚している場合が多く、本人にアルコール依存症の話をすると怒られたり拒絶されたりすることもあります。しかし、重症化してくると精神的、身体的に離脱症状(禁断症状)がでるため、楽しく飲むのではなく離脱症状を避けて飲んでしまうようになります。こうなってしまうと自分の意思だけでは飲酒をやめられなくなってきます。

合併症

アルコール依存症には他の薬物依存と同様に様々な合併症があります。
以下はそれぞれの症状の特徴です。

精神的疾患(精神疾患)

身体的疾患(内科疾患)


患者さんを責めないでください

アルコール依存症患者の多くは、自分がアルコール依存症患者であるとは認めたがりません。本人が好きで(依存による)飲んでいるため、とやかく言われるのを嫌います。それが原因で家庭問題にもなりかねません。身体的な症状が原因で患者本人が自覚してくれれば良いのですが、それでも断酒となるとすぐにどうなるものでもありません。アルコールという薬物への依存を断つわけですから、本人の意思はもちろん、周囲の強力が不可欠です。


原因と治療

社会的な不安感や孤独感、家庭問題など様々なきっかけで習慣的に飲酒を続けることで、アルコール依存が形成されます。また、アルコール依存症患者の家族が、患者にお酒を出すことで習慣的に飲んでしまうこともあります。アルコール依存症はしらずしらずのうちに進行し、慢性化し、人格を変化させて、最悪の場合は死に至る病気です。患者の予後10年の死亡率は3?4割と非常に高いもので、その原因としては「結局断酒できない」ということがあげられます。

治療に際してまず重要なのが「本人の認識」です。多くの場合アルコール依存症患者は、自分がアルコール依存症であると認めることで飲酒ができなくなってしまうのを避けて認めません。しかし、アルコール依存症の多くは、アルコールという薬物によって、精神的、身体的に変化が生じたために過剰な飲酒が起こるものです。治療は難しく断酒をする意外にありません。完治することのない不治の病で、断酒をして何十年と経過したあとでも、たった一口のお酒が原因でまた元に戻ってしまう。そのため、アルコール依存症患者が一生涯断酒を続けることは非常に困難です。精神的、身体的治療はもちろんのこと、家族や友人といった社会的な面での生活の改善と合わせて、継続して治療をすることが大切です。

アルコール依存症の患者様を抱えるご家族様、日々大変なご苦労をされていると思います。自殺や事故、警察問題になる前に、弊社までお電話ください。専門の病院や医療機関のご案内、ご相談を承っております。


サイトマップ / sitemap