イベント待機

弊社では各種スポーツイベントや不特定多数の利用者が集まるイベントなどの救護待機を行っております。弊社の医療系患者等搬送車両のほか、看護師、医師などにより、軽いケガなどの応急処置はもちろん、予期せぬ心停止や呼吸停止などにも迅速に対応することができます。

※ご利用には予約が必要となります。
※お個人情報はプライバシーポリシーに従い、厳重に管理しております。


例:2011 JYJ UNFORGETTABLE LIVE CONCERT IN JAPAN(ひたち海浜公園)

茨城県ひたちなか市で行われた「2011 JYJ UNFORGETTABLE LIVE CONCERT IN JAPAN」(主催:がんばろう日本!がんばれ茨城!復興支援実行委員会)の際に、救護所での医療活動と、傷病者の搬送のために救護待機を行いました。

コンサートへの来場者数は2日間で約80,000人ほど。2日間とも開演前から救護所は動きます。
開場前の第1ゲート付近で具合を悪くされる来場者。直接救護所へ来る方。会場スタッフからの連絡で会場前インフォメーションブースへの出動。第1ゲート付近から傷病者を乗せて搬送を開始した直後に第3ゲート付近へ転戦と、スタッフは開始から終了まで会場内を走り回りました。
この2日間は雨から曇り、晴れへと天候も変化し、来場者の中には体調を崩す方が大勢いましたが、大きな事故もなく大盛況で終わりました。



例:全日本耐久サイクリング in つくば(筑波サーキット)

毎年行われる筑波サーキットでの「全日本耐久サイクリング in つくば」(主催:財団法人日本サイクリング協会)において、協力病院医師の指示の元で、傷病者のサーキットから協力病院までの搬送のために救護待機を行っております。

2010年度のサイクリングレースは昨年と変わって昼間のレース。気温は35℃を超え、前半は晴れ、後半が曇りという天候。夕方になっても気温は34℃を超えていました。真夏のレースとのことで特に熱中症が危惧されましたが、熱中症で医務室まで来た方は若干名でした。まもなく10時間が経過しようとしたところで、落車、転倒による擦過傷、過呼吸などの報告があり、協力病院までの搬送もあった。


例:結婚式などへの出席

寝たきりで薬剤の投与が必要な状態だったが、思い出のためにどうしても結婚式に出席したい。弊社では医療機関との連携の元、万全の体制でお客様の移動をお手伝いいたします。医療スタッフや設備の整った弊社だからできるサービスです。是非お問い合わせ下さい。

弊社では結婚式への出席でご利用いただいたお客様に、毎回感謝の言葉を頂いております。一生に一度の、家族の思い出のために・・・

※ 患者様のプライバシー保護のため、写真はイメージとさせていただいております。

サイトマップ / sitemap